昨日、アメリカ合衆国とトランプ大統領の過去預言について、過去記事を探したのだが見付からない。自分で書きカテゴリーもちゃんと振り分けたのにどんなキーワードも不可。仕方ないので些か面倒だが、過去記事の肝だけを打ち込む事にした。



 それは大統領選挙真っ最中の時期の拙預言で、ヒラリー氏とトランプ氏の接戦の報道前後、メディアも民衆も殆どはヒラリー当選の予想していたのに、

① 私はトランプ氏が大統領に成るだろう。⇛予言的中!
② そして、仮に大統領になっても失脚するか何らかの形で任期中に大統領が変わるだろう。⇛今ここ
③ それから後、合衆国では無く共和国になるかもしれない・・・

と。


 ここに至って何かしら無関係に思えた「点と点」が繋がりつつ有ることに気付いた。それは突然言ってた内容を覆したりするトランプ氏のその先の延長線上をボンヤリと連想してた時に「ん? イスラエルのやりたい方向へ舵を切ったのか?!」と。
 つまりは、「ユダヤの第三神殿建立の鍵を握っているのでは?」なんだが、何れにしろ中東&極東・東北アジア紛争こそが第三次世界大戦の口火を切る役割を、人の手に依って預言を現実にしようとしている様だ。勿論、その人の手(陰謀)も神々の預言内。


 今、米国内では反トランプ氏へのウネリが増大している様で、フェイクかもしれないが選挙時のロシアとの関係をバラすとか、あの手この手で引き摺り降ろそうとしているエネルギーが増大するほど、トランプ氏の北朝鮮その他への圧力は増大している。

 ここで、上記の預言当時のもう一つの件だが、トランプ氏の背後に軍の上層部が関わっている事を書いていた。そしてこのグループ等には仮の大統領が存在していて、突然入れ替わるだろうと言う拙予想。
 支那の軍区も強大な力を持っているだけに、習氏も全てを掌握出来ているとは言えないと多くのアナリストは言う。特に北京と瀋陽軍区はかなりの力を持っているとのこと。瀋陽と言えば北朝鮮と隣接しているし、元々女真族の土地で旧満州人であり清朝であり、旧高句麗の北朝鮮とも繋がっている。また瀋陽軍はミサイルを北京にも向けているとの情報も有る。

 同様に、合衆国の各州も独立を言い出して久しい。この潮流がマックスに至ると先述した「共和国」の原型が出来上がる。

 ネ?
 世界中で広域連合化が進んだ結果、EUや支那ではチベット・ウイグル他を強制的に侵略し強引に支那へと組み込み領土拡大と、各地で強大化したものの現在では疲弊若しくは制度疲労を起こし始め崩壊の一途。
 それらを俯瞰すれば「先祖返り」では無いが、元の状態に戻ろうとする力が働いているとしか思えない。これが合衆国にも繋がり、独立戦争時に回帰しているとも言えそうだ。

 要は「ガラガラポン」が今まさに起きようとしているのでは無いかということ。何れにしてもガラガラの後、整地して新たな建造物が立ち並び、新たなシステムが始動するのだが、これが第三神殿建立の大いなる計画へと帰結する。


 そんな折も折り、日本はと言えば恰も戦争推進論が叫ばれているが、果たして左派の連中の言ってる軍国化に邁進しているのだろうかという疑問が湧く。国内においての獅子身中の虫退治宜しく、ガラガラポンを一気にやり遂げるには獅子身中の虫の大元との国々との一時期において断交や朝鮮半島有事が最良の材料となる。全てを強制送還若しくは便衣兵(テロゲリラ)として抹殺出来るのだから。表面上は穏やかに進んでいるように見えるが、実は根回しが得意な安倍氏の忍耐強さに或る日目が覚めたら・・・が現実に成るような。


 そして世界中の個々人も他人事では無いことは此処に書いてきた。雛形理論で言ってる我々個々人も漏れなくガラガラポンの撹拌が内面で起きている。本人が意識していようといまいと。
 或る時が来たら、間に合った者とそうでない者とタテ分かれる悲惨な光景を目にするかもしれない。それは恰も神々が選別するように思えるが、実は内なる主の御魂等に因って其々の行くべき場所の地場に捉えられるのだ。人は地獄とも言う。悪想念が大好きな磁場・地場。或る人は天国という。其処は調和の世界でひと皆神となる。


    


 愚かな人類には、磁石程度のことしか判っていないし判ろうとしないが、磁力にも色々あり雑で荒い磁力・波動もあれば、繊細な磁力・波動もある。極微になる程に物質は軽くなるのは誰にでも判るだろう。翻って物質も巨大になれば重く沈む事になる。当然の事なのだが誰も其れを考えない。


 御魂も身体も塵芥が積もり積もって限界寸前の重苦しい状態で、神の名を呼べば軽くなるの?光を受け続ければ軽くなるの?  バッカじゃないの!
 仮に体中に化学物質で汚染されていたとすれば、光を受けてればいいのか?!その光にも依るが汚い心・波動・波長で美しく清らかな光が見えるなんて傲慢過ぎるドコロか勘違いも甚だしい。

 ものが引き合うって事は、波長・波動が近いからだといった単純な理屈が皆判っていない。そしてよりパワーが有る方が弱い方を強引に引き寄せるのだ。だから「私は知らんよ!」と遠回しに言っている。より軽くなればフワフワと宙を漂ったり上昇する。皆ある程度磁力の影響から逃れられるのだ。自由なんだ!



 其のために、日々の「禊ぎ祓い」を書き続けている。

 神教の洗礼も大切だろうが、日々の禊ぎ祓いを言うのは「神社神道」を於いて他にない。かと言って全ての神社や神道を協力に推進してるって訳では無い。何故なら語り継ぐ者の想念等が入り込んでる場合も多々あるからだ。
 日本人の良さというかこの様な場合こそ、飲み込んで咀嚼してガラガラポンで不要物を吐き出すなり払い去る事だ。



長々と脈絡も意識せず書きなぐって申し訳ないと思うが、


禊ぎ祓い、やってますかあ~~~~~~!